にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ

にほんブログ村 

 2020年7月21日修正アップデート済み

 聖霊降臨後第七主日(証聖者、聖ヴィンチェンツィオ・ア・パウロの祝日記念付き)の聖伝ミサにお与りになりたい方は、こちらを本日23時に訪問して見て下さい。

 本日は”自称”聖伝主義者である聖ピオ十世会日本人司祭、O神父様とその支持者である方々の理解と真理への覚醒の為に、カトリック教皇ピオ十二世の回勅『フマニ・ジェネリス』とコッター神父(Fr. Cotter, s.j)の『
教導権の真正な教え(authentic teaching of the magisterium)』から引用致します。『第二バチカン公会議のどの教令についても教皇とカトリック教会は如何なる教導権も行使しなかったので、それに従う必要はない/それに拘束されない/それを信じるよう強制されない』という趣旨の御説教をされていたO神父様、この件を良くお読みください。もし『いや、それでも第二バチカン公会議の教令はカトリック教会の聖伝と矛盾している、だから教皇ピオ十二世のこのお言葉は間違っている!』と言いたくなりましたら、どうか御自分が誰であるのか良くお考え下さい。このお言葉を受け入れてこそ、カトリック司祭であり得るのです。聖ピオ十世会は教皇以上の教えを垂れる組織ではありません。そしてO神父様が認め、引き出すべき結論とは『カトリック教会の聖伝と矛盾する教令を含んだあの第二バチカン公会議を承認したパウロ六世は、教皇ピオ十二世の御言葉に基づいて判断するならば、真のカトリック教皇ではない!』というものです。あくまでも第二バチカン公会議は真のカトリック教皇により承認された後に公布されたものだと主張されるならば、カトリック司祭らしく内外両面の同意をその教令の全てに捧げるべきです。但し、私はそれをお勧めしませんし、そうされないよう日々ささやかなお祈りを聖母に捧げております。O神父様が聖ピオ十世会の歪曲された教皇及び教会論を捨てて、御自身がお持ちの極めて高い知性を少しでも活用すれば、その時、『公会議教皇たちはカトリック教皇ではなく、公会議教会は反キリストの教会だ』と明白に理解するはずです。日本における反キリスト教会聖伝担当部門日本支部の創立に加担せず、どうか今のうちに反キリスト的組織となり果ては御会から離脱して下さい。O神父様が通常教導権に属する教皇の教え、あるいはどの教導権にも属さない教皇の教えだと見做しているものが、カトリック教会の聖伝に矛盾するならば、それは単純にカトリック教皇から来たものではありません。教皇がある教義を公布する時、彼は必ず三つある教導権の何れかを行使します。もしパウロ六世が第二バチカン公会議の教令に対する如何なる教導権の行使を避けたと言ったのであれば、それは彼が真の教皇ではなかったからであり、その教えは異端以外の何ものでもありません。これを良くお考え下さい。


Veritas liberabit vos!より

(下線:和訳者加筆)

  . . . 教皇たちは回勅において御自身の教導権の最高権限(荘厳教導権)を行使しないという事を口実として、回勅に含まれているものは、それ自体同意を要求しない(信じるよう強制しない‐和訳者補足)と考えられてはなりません。むしろこのような教えは、『あなた達の言う事を聞く人は私の言う事を聞く人である(ル1016)』とそれについて言うのは正しい、通常教導権(the ordinary magisterium)に属しており;その上、極めて頻繁に、回勅の中で説明されかつ教え込まれているもの(普遍通常教導権)は、既に別の理由からカトリック教義に属しているのです。しかし、もし教皇たちが御自身の公文書において、それまで論争された事柄に関して意図的に判断を下す場合、同一の教皇たちの知性と意志に従って、この事柄はもはや神学者間の議論に開かれた問題と見做され得ない事は誰にとっても明白となります。』(教皇ピオ十二世、【フマニ・ジェネリス】より)

***

 ②『教皇は、この回勅を通して考慮しているカトリック神学者たちが、これらの“solemni iudicio”と言い渡される、教導権の決定的判断(荘厳/特別教導権)には従う意志のある事をお疑いにはなっておられない彼らは異端者でも離教者でもないのだ。しかし教皇は、彼らが回勅といった、より少ない権威を伴ってやっ来る教皇の声明を無視しているとお嘆きになっておられるのだ。その昔、信頼のおける神学者たちが意見を異にした事があれば、彼ら(教皇ピオ十二世治世当時の神学者たち)は荘厳な決定以外何もその問題を解決出来ないと思い込み;逸材が現れるまでの間は、独自の伝承(Tradition)解釈に基づいて自由に解釈しても良いと誰もが思い込まされるのである

 答えとして教皇は、回勅というものが、多くの場合教義に関する事柄を含んでいる事以外に、今日まで論争されて来た問題点の解決を意図している場合があり、この様な判断は、神学者たちを含む、信徒側の積極的同意を彼ら自身に要求している事を気づかせているのだ。回勅を公布する際、教皇たちは専門的に通常又は真正教導権(the ordinary or authentic magisterium)として知られるものを行使するが、それについては『あなた達の言う事を聞く人は私の言う事を聞く人である』と言うのが正しい。今まで述べた事全ての理由は、神が、この生ける教導権にだけ、信仰の遺産の公式な解釈をお委ねになったという事である

 神学者たちに依れば、検邪聖省の教令(the doctrinal decrees of the Holy Office)及び聖書委員会の回答(the responses of the Biblical Commission)は、これら二つのローマ聖省と教皇との密接な繋がり故に、同じカテゴリーに属しているという。またその上に、上述した二つの聖省の判断(their decisions)は、per se(それ自体)信徒の積極的同意を要求するのだ(Denzinger 2113

 これは専門的に“宗教的同意(religious assent)”として知られている。それは真の精神的同意(a true internal assent)であり、例えばジャンセン/ヤンセン主義者たちが自分たちに向けて公布された教皇命令に示すのを厭わなかった単なるsilentium obsequiosum (恭しい沈黙)ではないのだ。さらにそれは、神的か教会的信仰のどちらか(either divine or ecclesiastical faith)による同意などではなく;またそうする動機は、お語りになる神の権威でも教導権の不可謬性でもなく、キリストから教会内の生ける教導権に与えられた公式な地位なのである。』(コッター神父、【教導権の真正な教え】より)